アーティスト紹介

http://azumamakoto.com/

AMKK代表。1976年福岡県生まれ。フラワーアーティスト。2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。2005年よりフラワーアーティストとしての活動を開始。2009年より、植物の可能性をさらに追求する実験的植物集団「東信、花樹研究所」(Azuma Makoto Kajukenkyusho = AMKK) を立ち上げ、植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。

http://www.tomtor.com/

クリエイティブディレクター。 カンボジア出身。 ロサンゼルスのアートセンターを卒業後、米国大手広告代理店でアートディレクターを歴任。国連・地雷撲滅キャンペーン受賞を含む、メッセージ性のある作品で注目を集め、世界各国にて作品を発表。読み書き、言語に頼らず、ヴィジュアルによるコミュニケーションを基本デザインとするブランディングを提唱。現在は活動の場を東京に移し創作活動を行う。

1965年2月18日生まれ。フリーアシスタントを経て1990年独立。
1991年9月有限会社下村写真事務所設立。

http://www.fjd.jp/

FJD代表。1971年2月16日大阪生まれ。幼少時代から画家であり、冒険家である父の影響で絵を描きはじめる。デザイン事務所でキャリアを積み、2000年よりFJDとして活動開始。CDジャケット、書籍などのアートディレクション&デザインや等のパッケージデザインの他アパレルブランドとのコラボレート等仕事内容は多岐にわたる。

http://www.god.com.hk/

香港のデザイナー兼デザインショップ。これまでなおざりにされてきた香港ならではの文化をデザインに巧みに取り入れつつ、新たなライフスタイルを提案している人気のショップ。

http://www.ryoono.com/

2000年フリーランスとして活動を開始。アパレルショップ、クラブ、ヘアーサロン、飲食店など商業施設内へのWALL PAINT、パッケージデザイン、テキスタイルデザインやグラフィック等を手掛けている。数多くのファッションブランドや企業とのコラボレーションを行うなど、その活動範囲は多岐に渡り、今最も注目されるアーティストの一人に数えられる。

320designは60名ほどのプロフェッショナルな実力を持つクリエーターで構成されたネットワークを持つ集団。特定の商品のジャンルに限らず、多様性を追求し、アートと商品の間で物作りを行っている。

PC上に仮想空間を創りその中に自身が立ち、そこから切り取った風景を描いている。近年の主な個展に「IKU HARADA SOLO EXHIBITION2011」(HARMAS GALLERY/2011年)「子供の情景 - 知らない国々と人々について -」(Lamp harajuku/2012年)「ひとつの窓と醒める庭」(アートフロントギャラリー/2013年)他

http://www.j-pinc.com/

米国バーニーズニューヨークのクリエイティブディレクター、サイモンドゥーナンに見いだされ、1993年以来、米国および日本のバーニーズニューヨーク全店のミューラルアート(壁画)、モビール等のアート作品を製作。バーニーズニューヨーク専属アーティストといっても過言ではないほど、なくてはならない存在のアーティストである。国内外をわずバリエーションに富む空間を数多く手掛ける。

http://www.barneys.co.jp/

バーニース ジャパン クリエイティブディレクター 1959年生まれ。1990年バーニーズ ニューヨーク入社後、米国バーニーズにてクリエイティブディレクター、サイモン・ドゥーナン(当時)に師事。帰国後はヴィジュアルディスプレイなどのストアイメージを統括。2010年開店の神戸店につづき、2011年開店の福岡店も海外の建築家を起用せずに本人自らが店舗デザインすべてを手がける。

http://www.dr702.com/

design room 702代表。1968年大阪生まれ。国内外を問わずバリエーションに富む空間を数多く手掛ける。スタイルを固定することなく常に時流に乗った感度の高い空間を発信。商業施設の内装設計・建築計画・プロダクトデザインを中心に幅広い分野で国内外でも活躍中。

http://www.unplus-site.jp/

unplus代表。1977年、兵庫県神戸市生まれ。2000年、神戸芸術工科大学卒業。卒業後は制作会社、メーカー、建築・不動産会社の制作部門に所属した後、2007年にunplusを開業。グラフィックデザインや企業のブランディング、広告制作を中心に活動中。

http://www.graf-d3.com/

大阪を拠点に家具、グラフィック、スペース、プロダクト、アートから食、イベントの企画運営に至るまで「暮らしのための構造」をキーワードに、様々な要素をものづくりから考え実践するクリエイティブユニット。decorative mode no.3 なるユニット名で1993 年から活動を開始。現在は、自社家具工場を改装したgraf studio へと拠点を移し、デザインワーク、ショップ、キッチンから生まれる様々なアイデアを実験的に試みながら、異業種が集まる環境と特性を活かした 新たな活動領域を開拓している。

http://www.diesel.co.jp/living/

イタリアのライフスタイルブランドDIESELのホームコレクションライン。デニムやロックをモチーフにカジュアルで個性的なデザインを豊富に展開。ファニチャーはモローゾ、照明はフォスカリーニ、テキスタイルはズッキと、イタリアを代表するインテリアメーカーとのコラボレーションにより、デザインだけでなく品質においても高い評価を得ている。

http://www.edesign-inc.com/

E-DESIGN代表。都市広場や屋上庭園、インドアガーデンなどの様々なランドスケープデザインを手がける。外部空間における自然環境や生活環境の新しいデザインやライフスタイルのあり方を提案した作品を生み出している。

http://www.ice-pick.jp/

1959年生まれ、横浜出身。多摩美術大学建築科卒業後、1982~89年株式会社ウシオスペックス、1990~95年株式会社海藤オフィスでチーフデザイナーを務める。1996年有限会社ICE都市環境照明研究所設立。2013年現在、同所所長。商空間、ホテル、イベント等、多岐に渡る照明デザイン・ディレクションを手掛ける。

http://www.inart-g.com/

1997年、イン(IN CO.,LTD)設立。空間にときめきを与えるニュアンス作りとして家具、装飾、アートワークなどトータルなコーディネートを手掛ける。また大阪中之島デザインミュージアムdesign de>を運営する中之島バンクスの代表もつとめる。

創業50年余りの歴史をもつ老舗設計事務所。これまでの豊かな実績とノウハウを生かし様々な建築企画・設計・監理を手がけ、行政とも協力し地域活動を展開。ヒトとヒトとの関わりを大切に、自然にやさしい建築と美しい都市環境づくりを目指す。

http://www.villa-ruze.jp/

リゾートホテルや別荘の建築デザインを手掛ける一方、人の目線で見たランドスケープを得意とする。 軽井沢に自ら手掛けたラグジュアリーヴィラを経営する。

2003年に台湾国立美術大学彫刻学部を卒業、2006年に同大学院造形美術課程を卒業台湾で過ごした時間の中で、イメージ制作の方向へ作風が変化した。コンテンポラリーデジタルフォトグラフィーを通して、時間と空間の概念を表現する。現在は同大学芸術創作理論学部博士号候補者であり、イメージが先行する世代においての人間の存在固有性についての研究を深めている。